• 岐阜県揖斐郡池田町。山のふもとの小さな町。のどかな日常。

    山から降りてくる恵みの水。さらさら。

    じぃちゃんばぁちゃんの野菜や果物。

    若手農家さんの新しいアイデアやこだわり。

    田舎から、そのままのカタチで、全国に届けたい。

天然育ちの素朴な味「わたしら毎年一年生」ばぁちゃんの手作りウメボシ 無添加 無着色 池田町梅生産組合

商品コード
種類
価格
商品コード ume-ume150
種類 梅干し 150g
価格: 400(税込) 数量
商品コード ume-ume250
種類 梅干し 250g
価格: 600(税込) 数量
商品コード ume-ume500
種類 梅干し 500g
価格: 1,200(税込) 数量
商品コード ume-ume1000
種類 梅干し 1Kg
価格: 2,400(税込) 数量
商品説明

【名称】 無添加しそ着色 天然・しそ漬け梅干し
【内容量】250g / 500g / 1kg
【賞味期限】 約8ヶ月
【保存方法】直射日光をさけ冷暗所に保存
【原材料/商品内容】 梅、シソ、塩
【生産者】池田町梅生産組合 〒503-2406 岐阜県揖斐郡池田町宮地551-1
【産地】岐阜県池田町
【送料】600円 ※5,000円以上で送料無料 ※北海道・沖縄・一部離島のみ送料1,200円


■生産者紹介「梅生産組合

梅生産組合


池田町の梅干しづくりの歴史は、ちょうどおばあちゃんたちがお嫁さんになったばかりの頃、昭和60年代頭からはじまったそうです。

カツ子さん:当初は青梅を市場へ卸していたんだけど、選果機を買って選別が早くできるようになったので、何か付加価値を付けようかと話し合って梅干し作りがはじまったんです。昔ながらの漬け方から少しずつ勉強して、塩分の加減や干し方、時間など自分たちでこれがいいってのを決めて、今の池田の梅ができあがってきました。

富美子さん:梅そのものの出来によって全然違うから、それに合わせて加減するのが難しいでね。昔は腐敗止めで酢を使ってたけど、酢を入れると梅に色がつかん。

香代子さん:池田の梅は塩とシソしか使ってないんです。塩は全体の13%。シソは20kgの梅に対して3.5kg入れます。その割合と、梅やシソの最適な時期をきっちり見ながら収穫し、漬けて干す。そうすることで色鮮やかな赤い梅干しができるんです。

カツ子さん:梅を収穫してからも、漬ける時間、干す時間すべてしっかり決まっています。それを外すと、もう、いい梅干しはできない。もちろん、梅の種類や出来(性)によってもそれぞれですからね、私たちは毎年勉強、毎年一年生なんです。


Copyright ©山のふもと水さらら All Rights Reserved.